ロミロミとは

ハワイの伝統的な治療法のひとつ。辞書的には「マッサージする、もむ」といった意味ですが、単に肉体を揉むだけでなく、今でいう整骨医やカイロプラクティックに近い治療(ha`iha`i iwi)や、薬草による治療 (lā`au lapa`au)、また祈りによる治療(lā`au kāhea)を取り入れている場合もあります。                                                                                                                       1000年から1500年以上前に、ポリネシアをカヌーで航海してやってきた移住者が持ち込んだものが原型で、その後、何世代にもわたって、オハナ(家族)、アーイナ(土地)に伝わり、発展してきました。もともとは誰もが学べるものではなく、多くの場合は幼いころに選ばれた家族の一員にだけに継承されてきたため、オハナ、そして島や地域によって、スタイルも様々です。                                                                                                                                   ロミロミはボディ(肉体)、マインド(思考、心)、スピリット(魂)のバランスを取り戻し、ポノ(あるべき状態)に戻すことを目的にします。また、ハワイではもともと、人、自然、アクア(神)がローカヒ(調和)の状態で存在していました。そのため、現在でもロミロミにはプレ(祈り)や自然とのつながりは大切な要素であり、人を癒すのは人ではなく、アクア(神)であり、*マナであると信じられています。                                                                                                                                       今日では、ロミロミは治療目的のヒーリングというよりリラクセーションマッサージとして世界各地のスパで人気を集めています。本場ハワイでも、商業的に行うためにはハワイ州マッサージライセンスの規定に準じて行わなけらばいけないという事情もあり、スパやマッサージスクールではスウェディッシュマッサージに前腕ストロークを加えただけものをロミロミと呼んでいるケースも少なくありません。また、ハワイアンの手を離れ、スピリチュラル性や神聖さをことさらに強調した新しいニューエイジ的なヒーリングも「ロミロミ」という名前で行われているのが現状です。                                                                                                                                       *マナ=スピリチュアルパワー、スーパーナチュラルパワー(超自然力)。クムカオへは、東洋医学でいう「気」はハワイ語では Hā(生ある呼吸) に近い概念であり、manaとは別のものである、としています。

             ロングライフロミロミについて

ロングライフロミロミは、

クムロミ デェーン カオヘラニ シルヴァが幼い頃から長い時間をかけて

ハワイのオハナ(家族)やクム(先生)、カフナ(マスター)たちから授かった

ハワイアンヒーリングの集大成です。

そしてロミロミ師として、 クムとして培った30数年の経験、

元カイロプラクティックドクターとしての

高度な解剖学の知識にも裏付けされています。


ロングライフロミロミでは

手のひらだけでなく、腕やひじ、ときには足も使って

打ち寄せる波のように、

風で揺れるヤシの葉のように、

やさしく、深く、

マッサージします。


それによって、深いリラクセーションをもたらし、

肉体的な不調を軽減するだけでなく、

エネルギー的な滞り、

スピリチュアルな障害までを

癒すことができるのです。


※ハワイ島のロミロミスクール&クリニック Hale Lomilomi o Kekaimalino

クムロミ デェーン カオヘラニ シルヴァのアシスタント歴15年、

唯一クムデェーンから認められたクムロミ 佐藤ケカイ麻里子さんのホームページhttp://www.longlifelomilomi.jp/ より引用しております。